マネーフォワード主催 「お金のEXPO 2017」に参加してきました

どうも、ゆうたろうです。

都内は台風で大荒れでしたが、

マネーフォワードの「お金のEXPO 2017」に行ってきました。

サブタイトルは「“人生100年時代“にしっかり使えるマネースキルを」。

日本人の平均寿命がどんどん伸びていき、女性であれば平均寿命は89と言われているそうです。

あくまで現時点で65歳の人の平均余命です

参加者は、私の同世代の30代前後の方が6くらいで、比較的若い人が多かったかなぁという印象です。

台風でだいぶ参加人数が減るかなと思っていたのですが、意外とどの講演も満席状態でした。

みんな勉強熱心です…!

着席したプログラム

今回、全てのセミナーが事前予約制でした。

ゆうたろうが事前予約・着席したプログラムは下記の通りです。

時間 表題 登壇者
12:20〜 投資のプロが教える 資産づくりのはじめ方 藤野 英人氏

レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長 最高投資責任者

13:40〜 これからの資産運用~新しい時代で起きていること~ 松本 大氏

マネックス証券株式会社 取締役会長

14:50〜 今から始めるコツコツ投資―iDeCoとNISAの活用法―

竹川 美奈子氏

LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト

16:00〜 購入と賃貸はどっちがいいの?住宅資金の考え方  深野 康彦氏

有限会社ファイナンシャルリサーチ代表、ファイナンシャルプランナー

 17:10〜 同棲カップル・DINKSのための未来のお金の話  風呂内 亜矢氏

ファイナンシャル・プランナー、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

まず、「午後から参加なんかい!!」というツッコミがありそうですが、せっかくの日曜日。

ニチアサも観たいですし(結局観てない)、投資に無理は禁物です。

一番目のセミナーは、レオス・キャピタルワークス代表取締役社長、藤野英人さんが登壇していました。

このセミナーを予約した理由は、他でもなく藤野さんのセミナーを聞いてみたい、というそれだけでした。

藤野英人さんは、2017年2月にカンブリア宮殿に出演したことで一躍有名になった「カリスマ投資家」です。

ただ、藤野さんに「カリスマ」という言葉が、どうも私はしっくり来ないのです。

何故なら、藤野さんの投資方針は非常に現場主義的で、情熱と人間味に溢れているから。

アクティブファンドの代名詞とまで言われるようになった「ひふみ投信」、「ひふみプラス」は

投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤー2016」の第6位、第7位。

過去のパフォーマンスはもちろん、藤野さんの投資に対する「想い」やスタンスに惹かれて、

「ひふみシリーズ」を購入している個人投資家も多いのではないでしょうか。

私もその1人で、今年から人生初のアクティブファンドとして、積み立てを始めています。

また、丁寧な運用報告を兼ねた動画配信「ひふみアカデミー」も毎月楽しみに視聴しています。

私はまだ個別銘柄に投資をしていませんが、この動画で勉強をして、いずれチャレンジしようと考えています。

セミナーで、藤野さんは「誰でも気軽にできる投資」として、

「コンビニ店員や居酒屋のスタッフさんに『ありがとう』を言おう。

『ありがとう』、には、税金がかからない」と仰っていたのが印象的でした。

働くことがみんなにとって気持ちいいことになり、みんなが働くことを好きになり、

みんなが会社を好きになり、みんなが投資が好きになる…

藤野さんはそんな社会を本気で目指しているように見えました。

基礎的な内容を学び直す場としても、セミナーは面白い

今回は、マネーフォワードが主催だったということもあって、

セミナーはNISAの制度の説明だとか、iDeCoのメリットだとか、基礎的なテーマが主でした。

ただ、その話の中でも様々な個人投資家の方の事例に触れ合ったり、

個別に家計相談などもできたり(私はしていませんが)などで、十分楽しめました。

軽食として出していただいたマイセンのカツサンドも美味しかった

今後も、面白そうなセミナーがあれば積極的に参加したいですし、ブログのネタとしても、

(完全に受け売りにならない程度に)ネタにしようと思います。

それでは、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です